トピックス

断熱素材でポカポカ冬越し カマキリの卵を探そう
断熱素材でポカポカ冬越し カマキリの卵を探そう

2021.12.20

カマキリのエコ生態

カマキリはフワフワのムース状の卵鞘(らんしょう)のなかに、200個程度の卵を産みます(図1)。


卵鞘は空気をたくさん含んでおり、断熱性があります。カマキリの親は秋に卵を産み、寿命をむかえますが、卵は暖かい卵鞘のなかで冬を越して、春に孵化します。カマキリの卵鞘は命のバトンをつなぐ特別な工夫なのです。


図1. 産卵しているハラビロカマキリ(Photo by t-kus)


図2. 壁に産みつけられたハラビロカマキリの卵(Photo by よっくんだよ)


まねび(まねて学ぶ)ポイント

寒さはヒトにとっても大きなストレスです。カマキリの卵鞘のように、断熱性が高く、住まいを快適な温度に保てる「高断熱住宅」が注目されています。


壁に高機能な断熱材を使ったり、窓に複層ガラスを用いたりして断熱性高めることで、冷暖房に使うエネルギーを抑えることが出来、省エネでお財布にも優しいです。新居や住まいのリフォームをお考えの際は、ぜひ高断熱住宅に注目してみてください。


(外部リンク)


ゼロカーボンアクション30


「太陽光パネル付き・省エネ住宅に住もう!」


みんなでおうち快適化チャレンジ



「いきものエコ診断」をやってみよう!

あなたの行動に近い「エコな生態を持ったいきもの」が診断できます。結果をSNSでシェアしてヒトといきものに優しい環境づくりの輪を広げていきましょう!

いきものエコ診断へ

関連記事アイコン 関連記事