トピックス

芝生装飾
自然の力で卵をふ化 ワニ流子育て術

ワニのエコ生態

ワニは、暑い時には体温も上がり、寒い時には体温も下がる「変温動物」の仲間です。ワニも鳥と同じように卵を産むのですが、体温を保つことができる鳥とは違って、卵を自分の体で温めることができません。では、どうやって卵の温度管理をしているのでしょうか?


ワニは、水辺近くの陸地に草を積み上げたり、砂場に穴を掘って巣を作ります。巣を作るのに使っている草が微生物に分解される時に出る熱(発酵熱)や、太陽光で温められた砂の熱によって、卵を温めているのです。


まねび(まねて学ぶ)ポイント

ワニの巣作りのように、私たち人間も自然のエネルギーをうまく使って、暮らすことができます。例えば、太陽光、風力、水力、地熱、バイオマスなどの再生可能エネルギーは、温室効果ガスを排出しないため地球温暖化対策として有効です 。2050年カーボンニュートラルに向けて、地球に優しいエネルギーを選びましょう。


再生可能エネルギーをもっと知る


関連記事アイコン 関連記事